変 更 履 歴 ( DB-EXE )

  ○ Ver34j(2010. 5. 1)
     ・開発環境をExcel2003からExcel2007へ変更に伴いプログラムの大幅変更。
     ・Koyomi画面で、旧暦表示、六曜表示、正午月齢表示を追加。
     ・マウスホイールで、メモ内容をスクロール出来る機能を追加。
     ・Pic画面で、指定画面間でのスライドショーが出来る機能を追加。
     ・検索機能の拡充。

  ○ Ver25a(2009. 3.14)
     ・PFC画面を追加。
      (縮小版画面で選択した画像ファイルを、削除又は指定フォルダへコピーする。)
     ・メモ内容を設定した時間で自動スクロールする機能の追加。

  ○ Ver23j(2009. 1.30)
     ・処理の変更。

  ○ Ver23e(2009. 1.25)
     ・Reset処理の不具合を修正。
      (印刷用ページのコピー時に、容量増大する不具合。)
     ・Shell画面の登録パス数を4×8×2個に増加。
      (その内、8×2個分は、パスワード解除しないと選択出来ない。)
     ・メモ内容で、Alt + Enter で、改行出来る様に変更。
     ・単独のメモ内容を暗号化・復号化出来る様に変更。
     ・メモ内容の枠線の有無を選択出来る様に変更。
     ・題名及びメモ内容の文字色を指定できる様に変更。(黒、赤、青、緑)

  ○ Ver22a(2008.12.30)
     ・人物データの処理追加。
     ・メモ内容の暗号・復号処理追加。(メイン画面及びMemo画面)
     ・Shell画面の登録データ数を3×8×2個に増加。
     ・ReadDir画面の登録パス数を3×20個に増加。
     ・Pic画面に単独で画像データを登録出来る様に処理を追加。
     ・バグの修正・処理の修正。